難易度(合格率)のデータ

通関士は「難易度が高い試験だ」と何かと評されがちですね。
ただし、ただ難易度が高くて受からないだけではないのが、通関士の試験の真相でもあります。

通関士の難易度がどれくらい高いのか? それを端的に知るには、数字で書いて比較したほうが早いでしょう。ここでは一度、通関士の試験の合格率の移り変わりを見せることで難易度を説明したいと思います。

年度 受験者の数 合格者の数 合格率
第37回 平成15年 10,001名 1,211名 12.1%
第38回 平成16年 10,191名 1,920名 18.8%
第39回 平成17年 9,953名 2,466名 24.8%
第40回 平成18年 10,357名 725名 7.0%
第41回 平成19年 10,695名 820名 7.7%
第42回 平成20年 10,390名 1,847名 17.8%
第43回 平成21年 10,367名 807名 7.8%
第44回 平成22年 9,490名 929名 9.8%
第45回 平成23年 9,131名 901名 9.9%
第46回 平成24年 8,972名 769名 8.6%
第47回 平成25年 8,734名 1,021名 11.7%
第48回 平成26年 7,692名 1,013名 13.2%
第49回 平成27年 7,578名 764名 10.1%

この図を見ていると、合格率が途中から10%を割ってしまっていることが気になるでしょうか。

実は平成18年度は、試験の出題に変化があった年として、通関士試験の関係者の間では時代(と難易度)が変わったことを意味するとみなされています。それ以後は平成20年を除くと、今までなかなか10%に達していません。
90%以上が不合格になってしまうのですから、やはり通関士の難易度は「低い」なんていうことはできないでしょう。

それに、通関士の試験は、問題が3科目に分かれています。合格ラインがありますから、その全部で60%以上の合格率を出さないといけないことも忘れるわけにはいきません。

ただし、問題が難しすぎて受験者の平均点が下がった場合は、合格ラインが引き下げられることがあります。
現に、平成23年度の通関士試験では、第三の科目の合格ラインが50%に下げられたのですが、これは難易度が高すぎて通関士合格者が激減してしまうため、救済が入ったとみなされています。

こういった現象は、あまりないことだとみなすべきではあります。
ただし、ここからわかることは、「難しくなりすぎると、できない受験者が多い」
ということです。難しすぎる問題は解ける人もいなくなるのが当たり前です。

こういった難問もなるべくなら解けるようにしたいですが、これには限界がありますね。
それよりも、解ける受験者が多い問題から確実に正解していくべきです。そのほうが目指すことは簡単です。

それをやりたいなら? 
次ページ以降から書いていく勉強法を確実にやっていくことでしょう
(その勉強法には、前までの試験問題の研究も入っているのです)。

>>合格できる通信講座ランキングはこちら<<