知識の証明は、あったほうが必ず役に立つ

通関士試験受験のため、毎日頑張っていれば、どんな受験生であっても一度や二度、もしくはそれ以上、壁にぶつかるものです。
頑張っているのになかなか知識が身につかない、いつも同じ問題で間違えてしまう等、学習状況の伸び悩みが感じられた時ほどその壁は眼前に高くそびえ立ち、「ここからは一歩も先に進ませない」と言わんばかりに私たちを苦しめるもの。壁を感じればたちまち、試験対策は精神的に苦しいものになってくるでしょう。

 人間、弱気になるとどうしても諦めモードになります。
通関士試験なんて、合格したって何の意味もないのではないか
そもそも資格って、役に立たないことも多いのでは
通関士の仕事でなくとも、他にも今すぐやれる仕事はいくらでもある

等、頭の中にはぐるぐると資格挑戦を否定するような、ネガティブな思考でいっぱいになることでしょう。

こんな時、「じゃあ通関士試験、やめよう」と諦めるのは簡単です。
ですが、そんな時には今一度、立ち止まって考えて欲しいと思います。

 資格は、社会的にアナタの知識を証明するライセンスです。通関士試験のような国家資格であれば、いわば国からのお墨付きを頂いているのと同義であり、当然のことながらビジネス上の評価は確固たるものとなります。
一方、どんなに知識が豊富な人でも、何の資格も持っていなければ所詮、その専門知識の高さは“自称”でしかありません。
よく知っている間柄であれば「あの人は●●の分野に詳しいから」と認めてもらえるかもしれませんが、例えば採用試験等で初対面の相手へのアピールはなかなか難しいと言えましょう。
採用選考時、履歴書の中できらりと光るのは、やっぱり「資格」なのです。

就職するにせよ、転職するにせよ、またはスキルアップを目指すにせよ、資格は確実な後ろ盾となってアナタを支えてくれるはずです。
自分の中の弱い心を正当化するために、一時の気の迷いで「通関士試験に受かっても意味がない」と決めつけ、挑戦を諦めるなんてナンセンスです。

>>合格できる通信講座ランキングはこちら<<