「出題ポイントのみを効率良く」で合格にぐんと近づく

これから通関士試験に挑戦される皆さんにとっては、「いかに早く資格合格を果たすことが出来るか」は最大の関心事であり、最も頭を悩ませるポイントであると思います。
通関士試験の合格は、当然のことながらあくまで途中経過であり、ゴールではありません。
取得した資格をどう活かすかこそが本来の目的なのですから、通関士試験自体に時間をかけ過ぎるのは得策ではないのです。

 通関士試験に効率良く、短い期間で合格するために必要な考え方は、「傾向に沿った学習を心がける」ということです。
特に実務未経験の初学者であれば、膨大な試験範囲に、真正面から向かうのであれば勝ち目はありません。
しかしながら、学習のルートを少し見直すだけで、その道のりは驚くほど短縮できるかもしれません。そのためのヒントこそが、「出題傾向に沿った学習」にあるのです。

 とはいえ、言葉で「傾向学習」と言っても、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。
傾向学習とは、噛み砕いて言うならば「出題される箇所だけに的を絞って学習する」というやり方。
つまり、試験範囲をすべて完璧にマスターするのではなく、頻出事項はしっかり覚え、そうでない箇所は一読で終了するようなイメージが比較的しっくりくると思います。
通関士試験が資格試験である以上、各科目で“必ず出るポイント”というのがあります。過去の出題実績からそこを正しく読み取り、試験対策に活かすことで、効率の良い勉強が実現するというわけです。

 ここで一つ注意すべきなのは、「通関士試験の傾向分析は受験生個々の判断で行ってはいけない」という点です。
受験生が試験の出題傾向を分析しようとすれば、どうしても主観が入りがちになります。
「ここは狙われやすいだろう」「あれは難しすぎるので出ないだろう」等、実際の傾向以外の諸々、例えば受験生自身の苦手意識等に左右されやすいのです。効率の良い合格を目標に、正しく傾向学習をしたいならば、「資格予備校を活用すること」。専門学校では、専門家によって膨大な過去の出題実績が分析され、その結果が次の試験対策に反映されます。「餅は餅屋」というように、「資格対策は予備校に」委ねるのが最も効率の良いやり方であると言えましょう。