学校と通信の講座比較

通関士の勉強法としては、「どこでどう教わるか」という点を見落としてはいけません。
通関士は今だったら学校で教わることもできれば通信講座で教わることもできるという何かと便利な時代になりましたが、ではこの二択だったらどうやって決めたらよさそうでしょうか? 
これはちょっとした究極の選択でしょうが、半数以上の通関士受験者にとっては学校よりも通信のほうが助かることが多いでしょう。

通関士の学校と通信講座の違いを、ここで書いてみましょう
(その会社によって方法論が変わりますから、ここに書くのはあくまでも一般論です)。

―通関士の学校が、通信講座より優れている点―

  • その場で講師に質問するチャンスがある
  • 学校に行くと友達ができるチャンスがある
  • 教室に入って他の受講生や講師と一緒になると、自室にいるよりも勉強する気分になれるチャンスがある

―通関士の通信講座が、学校より優れている点―

  • 費用が安めになるチャンスがある
  • 忙しいときや疲れているときに、無理して出席する必要がない
  • 途中で脱落してしまうリスクがかなり少なくなる

簡潔にまとめるならこのようになります。
学校も通信も、どちらの通関士講座にしても一長一短があるように見えるでしょうか? 

しかしここに書いた以外の見方もできます。

  • 最近は、通信手段や教材が発達したために学校の生の講義と通信の差がつかない

これは非常に大きな点ですね。最近の通信講座は、DVDやストリーミング動画に代表される、eラーニングの教材が一般的になりました。
これを使うと、家にいても講義をしている姿を見聞きすることができます。

また、通信手段の発達で質問も簡単で、その返答も(直接したときにはかないませんが)
とても早くなりました。
通信手段といえば、教材にも利用されているWebメディアの躍進のおかげで、多様なサービスやフォローを遠く離れていても瞬時に受けることができます。

大半の通関士受験者は、時間がたっぷりある立場ではありません。
勤労者や事業者は当然日々の仕事の合間に勉強しないといけません(もっとも今は主婦や大学生・専門学校生、また失業者であってもそんなに暇ではないことが普通ですね)。
時間は誰にとっても、節約できるに越したことはないはずですが、週に何回も学校に行くことはそれだけで予想を超えた範囲の負担になるものです。

ここまでを総括しますと、通関士の講座をこれから初めて試す人には、学校の通学型を試すよりも、通信型を試すほうが失敗しない可能性が高いだろう、ということですね。

>>合格できる通信講座ランキングはこちら<<