LECの講座

通関士の勉強法といえば、どこで習うのかを決めることも大切ですね。ここでは、通関士の講座を持っている学校として有名なサンプルとして、LECについてご紹介しましょう。
LECの通学講座や通信講座が、通関士の勉強法をどんなふうにリードしてくれるかを以下にまとめることにしました。

『LECの通関士のカリキュラムの特徴とは?』

LECは、資格の教育をする業界では非常に大手の企業です。
たくさんの講座を開いているLECですが、通関士についても非常に活発に研究と品質向上を繰り返しているようです。

現在の資格の教育で試されているノウハウはほとんどが使用されているともいわれていて、通関士の講座をLECで申し込むと、最新のテクノロジーを大量活用した指導を受けられます。
映像を使った講義についても、通学型だったら時間の都合も多少は利くようですし、通信型だったらDVDでもインターネットからの再生でも好きな方法で視聴できます。

映像の質もかなりいいものが入っています(いわゆる教壇でのかなり固定された撮影になるか、そうではなくもっと臨場感のある撮影になるかはわかりませんが)。
教科書のクローズアップ等がよく多用されるため、わかりやすく勉強していけるという感想もよく聞こえてきますね。

弱点があるとしたら、革新的な指導ノウハウがぎっしりと詰め込まれているからでしょうか、最初からLECで通関士を勉強していこうと思ったら、かなり費用がかかってしまう可能性が高いことでしょう。
そのせいかもしれませんが、LECの通関士については、断片的な利用をしただけにとどめた(部分的なサービスや書籍を注文して、コストがかからないようにする)という合格者もわりと少なくないようです。

『LECの通関士のメインのコース』
通関士ビギナーコース(約20万円)
通関士必勝コース(約20万円)
通関士合格コース(約15~18万円)

通学講座と通信講座を選べるほか、通信講座でもDVD・Web動画・音声DLといった具合に教材を選べるのが特徴です。
また、通学講座については、生の講義の場合のほかにビデオ講義(学校の中でビデオを見て受講する)の場合があります。

>>合格できる通信講座ランキングはこちら<<